結婚においていちばん大切なこと・自分の幸せを大事にしよう

突然ですが私はバツイチです。そんな私はSNSで過去を振り返ることがあります。

前の旦那(S・仮名)との結婚生活は3年ほど、付き合ってからは6年ほど一緒にいました。

けっこう長いこと一緒にいました…が、昔の自分の日記を読み返すと、「Sうざい」「Sむかつく」「S会話にならない」…など、ひたすらSの悪口を書いてある記事が多いです。

日付を見ると、結婚する3年以上も前でした。なぜこの時点で別れなかったのでしょうか。

周りの安心を壊したくなくてズルズルと……

Sと付き合う前、私は俗に言う『どうしようもない男』と付き合っていました。家族にも友達にも、常に心配され続ける日々でした。

そんな私が、Sと付き合い始め、周囲にSを紹介したところ『優しそう』『しっかりしてそう』『真面目そう』と言われ、親には『もう安心だ』と言われました。

周りが安心するのなら、この人と一緒にいなければいけない。若かりし私は、なぜかそう思ってしまったのです。

Sはたしかにまじめで、しっかりしていて、表面上は優しい雰囲気でした。しかし、とにかく会話が成立しないのです。

付き合っているあいだ、私のSに対するストレスは溜まる一方でした。それでも、周りが安心するという理由だけで、一緒にいました。

今思うとそんなことをする必要は全くなかったと思いますが、当時の私は「みんなが安心して安定した私の生活」を手放すことが怖かったのです。流されるままに、気付いたら一緒に暮らし、結婚していました。

しかし、この先の人生を全てSに対して我慢して過ごすということにだんだん恐怖をおぼえるようになりました。一緒に暮らしていると、話し合いができないということが付き合っていた頃よりも致命的なことになってきます。

だんだんとSに話しかけることもなくなり、私は屍のようになり、ある日『プツン』と頭の中で何かが切れる音がして、離婚届を置いて家を出てきました。

結婚生活において『会話』『分かり合えること』は最も重要な要素だと思います。

私のようになる前に、自信の結婚相手、付き合っている相手を見直して、皆、他の人を安心させることではなく自分が安心できる相手と、幸せな結婚をしてほしいなと思います。