天高く馬肥ゆる秋、気候の良いこの時期はイベント満載

西日本や近畿地方は豪雨や台風直撃に悩まされ、甚大な被害もでました。10月も中旬に入ってようやく天気も安定し、曇りや晴れの日が続いています。

気温も猛暑から平均的な気温に緩和され、一時から比べるととても過ごしやすい時期を迎えました。9月下旬から天候不順により延期されてきた小学校、中学校の運動会や体育大会も無事にとり行われ秋も深まってきました。

この時期のイベントは運動会だけではなく、遠足や芋ほりなど秋の収穫時期に合わせたイベントが盛りだくさんです。地域によっては盛大に秋祭りが行われます。

子供の成長を感じる、そんな時季です

先日、我が家の子供たちも運動会、授業参観、懇談、遠足と立て続けに行事が行われました。天気の心配もなく行われた運動会では、子供たちのはしゃぎ声や真剣なまなざしをカメラにおさめることができました。

親にとっては子供の成長を知ることができる1年ごとのイベントです。子供以上に親が待ち望んでいるイベントかもしれません。

残念ながら子供の白組は負けてしまい悲しそうな顔をしていましたが、子供の事をよく知ることができ、子供の身体の成長と運動能力の進化は目をみはるものがありました。

その二日後に今度は授業参観と懇談がありました。授業参観では、緊張した面持ちで授業にのぞむ子供の姿が垣間見れました。その子供の手をあげて答える場面も見ることができました。

家では、甘えん坊の子供もしっかりと受けごたえができていて安心できました。このクラスでは仲間外れもなく一緒に頑張っていける環境でありそうでした。この調子ですくすく育ってほしいと思いました。

子供の秋のイベントのしめくくりは、秋の遠足です。秋の遠足のテーマは、お芋ほりです。遠足に行く前からとても嬉しそうでした。どろんこになりながら、芋ほりをしたようです。

まだ、土と茎のついたお芋を二つ持って帰ってきました。帰ってきた時点で写真撮影をして「はい、ポーズ!」また、最高の笑顔をカメラに納めました。

このイベントが終わると学芸会でしょうか?まだ、練習もしていませんが楽しみにしています。あれだけ、過ごしにくかった夏がこんなにも快適な秋を連れてくるなんてとっても自然は不思議に思います。また、秋に感謝です。